債務整理を行う方々の状況は、とても多彩です。中には内緒にしている方々も見られるのです。
例えば主婦の方々が、ちょっとご主人に内緒で手続きを行う事例は多いにあります。ご主人に黙ってお金を借りていたものの、色々難しくなったので、債務整理を行うようなパターンです。意外とそれは件数が多いのです。
それで整理手続きは、ご主人に黙って行う事も可能ではあります。現に弁護士の方々も、プライバシー等は保護してくれると明示しているでしょう。基本的に発覚するリスクは、かなり低いと言えます。
ただ総合的な要素を考慮すると、できれば家族には話した方が良いでしょう。やりやすさの問題があるからです。
そもそも家族に内緒にしている状況ですと、なかなか情報がスムーズに伝わりづらい傾向があります。本人に直接連絡すれば済むような話も、ご主人に内緒にしていると、時間を要する事も多いのです。メールで連絡をするにしても、ご主人がそれを見てしまう可能性もあるでしょう。
つまり内緒にしていると、ちょっと債務整理はやりづらいのです。やはり大事な連絡は、できるだけスムーズに進むに越した事はありません。
できる事なら、家族には打ち明けておく方が話は早いでしょう。もちろん打ち明ける事が無理ならば、その限りではありません。